EMI対策の方法

EMI対策のお手軽な手法のひとつとして、割りコアと呼ばれる物(トロイダルを縦に切ってプラスチックケースで開閉できる様にしたもの)を線材に巻き付ける方法があります。

ノイズ帯域とコアの特性がマッチすれば大きな効果が期待できます。
その帯域は 500MHzぐらいまでが良く効き、高域になるにつれ効果がなくなるというのが一般的かと思います。

コストを考慮してあらかじめ割りコアではなく割れていないスリーブコアに線材を巻いておく事も多いです。
コアは大きく重いので、機構部品となってしまい、筐体設計に影響が及んでしまうため注意が必要となります。

 

関連技術

「EMCとは」
「ガスケットでEMI対策」

 
お問い合わせ