高速信号ラインの設計にはシミュレーションをお勧めします。

シミュレーションによるSI/PI評価

USBやHDMI、SATA、PCIe などに代表される通信規格はどんどん高速化へと進化しています。

その機能を支える電子回路においては、低電圧駆動高速デバイスが主流になっており、電源ノイズ対策が大きなテーマになっています。

これらの電子回路の性能を引き出すためには、パターン設計でクリティカルなチューニングが必要になっています。
実績のあるパターンや層構成そして基材を利用しても、デバイスが変われば結果は異なり、また実績のあるデバイスを利用する場合でも、実装条件が変われば再チューニングが必要になります。

また、多くの場合、開発工程には余裕はありません。したがって試作のやり直し等は極力避けなければならない訳ですが、このような場合にシミュレーション技術が力を発揮します。

プリシミュレーション

基板設計初期段階で問題となる可能性のある信号ラインに対し伝送線路解析を行い、最適な部品配置、配線方法(一筆書き配線、等長スター配線、等長T分岐配線など)、終端処理方法、配線長の条件の算出をし、基板設計に反映させます。

ポストシミュレーション

配線設計完了後のレイアウトデータを基に解析を行い、波形診断、配線方法の変更・改善、ダンピング及び終端抵抗の追加・定数見直し等により問題の解決へ導きます。

主なシミュレーションの内容

波形解析

オシロスコープイメージの波形を表示します。

隣接伝送路のクロストーク解析

電磁結合しているパターンがどの様に影響しているかを確認できます。

放射ノイズ解析

伝送路からの電磁不要輻射を各国のEMI規格と比較確認できます。

電源/GNDプレーンの共振解析

プレーン共振を基板作成前に改善する事により、実機でのEMIを悪化させる要素を排除できます。

関連ソリューション

シミュレーションを活用した基板設計

シミュレーションを活用した基板設計について紹介しています。

詳細を見る