同時並行設計とは

同時並行設計は、一つの基板を同時に二人の設計者で作業できる環境下で設計する方法で、短納期に対応する際にはとても有効な設計手法の一つです。

sekkei

 

同時並行設計の対応について

同時並行設計を行う場合、一つの基板設計データを複数のオペレーターが同時に作業を進めます。それぞれの端末はネットワーク環境で接続できる環境の必要があります。

従来から、パートオープン(ライブラリー登録やネット作成など)にかかる作業は複数のオペレーターによる作業が可能でしたが、図のように部品配置やパターン配線作業は同時並行設計機能が開発された事により可能になりました。

当社では図研のCADVANCEと、CR-5000BDでこれを実現しています。

この環境下では複数のオペレーターが、互いの作業をリアルタイムに確認しながら設計を進める事ができるため、分割設計のようにデータを何度もマージして確認する必要がなくなりました。

また、仮にオペレーターが不慣れな場合でも、この方法では設計作業をリアルタイムにシュアしているので、設計品質のバラツキは起こりません。複数のスタッフが互いにチェックし合う環境下での設計になるので、完成度は高まり結果的に品質の向上につながります。

 

同時並行設計の課題

同時並行設計の作業中には、部品やネットに係る変更は禁止されているために、その作業を行う場合は一度スタンドアローンに戻す必要があります。現状では、このように全ての機能が使える環境にはなっていません。

短納期対応の手法としては「分割設計」もその手法として有効な手段ですが、それぞれの特長を活かすようにその場面で使い分けを行います

同時並行設計は、目安として約2000ピンクラス以上のボリウムがある場合にはこの手法の採用を検討、そして約10000ピン以上の場合には、分割設計も検討します。

同時並行設計機能は、あまりピン数が多いとそのパフォーマンスに影響がでるからです。

単納期に対応するために2あるいは3交代の24時間体制で納期を短縮する方法しかなかったころもありましたが、現在ではこの同時並行設計を使う事で、より効果的にそれを実現する事が可能になりました。

 

同時並行設計のメリット

  • 各工程における設計期間を大幅に短縮することができる
  • 設計者間の作業状況をシュアする事ができる
  • 分割設計のようにデータの分割・合成などの作業がいらない
  • 熟練者と初心者の協調作業による教育的効果を得られる
  • 複数人数で設計する事により品質の安定と向上が図られる

 
お問い合わせ