Signal Integrityとは?

Signal Integrity:シグナル・インテグリティ

シグナル・インテグリティとは、信号品質の事をいいます。

近年、電子機器の高性能・高速化が進み、製品に搭載される基板もどんどん高速化されています。
基板の伝送信号が高速化することで、これまでに起こり得なかった様々な問題が信号品質に影響をもたらすようになりました。

信号品質に影響を与える主な原因としては、インピーダンスの不整合による反射や、複数の信号が作用し合うことによって大きく波形が乱れてしまうクロストーク、そして電源・グラウンドの電位が変動することで発生するグラウンドバウンスなどが挙げられます。

これらの要因は複雑に作用し合って発生し、これまでのように設計を行っただけではその品質を保つことが難しくなってきました。
高速伝送線路の設計にあたっては設計者のノウハウに加え、信号品質を確保するためのシミュレーションの活用が非常に重要なポイントとなります。

当社では、必要に応じて各種シミュレーションを活用しながら高品質の基板を設計・製造しています。
設計・製造でお困りの際は下記までお問い合わせください。

関連技術

「シミュレーションの活用」
「クロストークを防ぐ方法」

お問い合わせ