zo

高速信号をロスなく伝送するには信号ラインのインピーダンス整合が必要不可欠です。

不整合があれば、反射が起き綺麗な信号波形が保てなくなるだけでなくEMIの悪化にもつながり、compliance試験が必要な場合などには、この信号ラインの品質そのものが問題になる場合もあります。

そうならないためには的確な設計コンセプトが不可欠となります。

信号ライン及び電源グランドの層構成そして基板材料など、その回路に最も適した仕様を製造ラインをも考慮した上で検討し決定する事が重要です。

また、実装密度が高いボードで、理想的なパターン領域が確保できない場合などは、インピーダンス特性の確保と、電源・グランドの品質や他の信号との干渉を防ぐ処置などとの兼ね合いがどうしても出てきます。

その際にはそのプライオリティーを決定する考え方が重要な設計要因として加わります。

当社では豊富な高速信号ラインのパターン設計の実績があり、それらの経験を活かして、お客様から依頼された回路に最も適した提案をさせていただきます。

お問い合わせ